2018年01月19日

国際宇宙ステーションの中で宇宙で採取された微生物のDNA解析に成功

国際宇宙ステーションの中で「宇宙育ち」の微生物のDNA解析に始めて成功、火星探査の実現に向けた大きな一歩に
GIGAZINE 2018年1月3日
https://gigazine.net/news/20180103-astronauts-identify-microbes-in-space/

今回の試みにより、地上からの物理的な援助を行うことなく、宇宙空間で生物のDNAシークエンシングを行って正しい結論を導き出せることが確認されました。この技術を活用することで、今後実現が期待される火星への長旅において宇宙飛行士が正体不明の病気にかかったとしても、DNAシークエンシングを行うことでその原因を突き止められる可能性が非常に高くなるため、また一つ宇宙開拓の扉が開けられたということになります。
***

記事を読んでみましょう。


広島ブログランキング参加しています。一日ヒトポチ クリックしてね
  ↓
広島ブログ
★新型インフルエンザ情報は折口内科医院ブログで毎日更新中。
http://www.origuchi-naika.jp/blog/
posted by sesn-webmaster at 07:25| 各種教育プログラム