2018年03月28日

宇宙「菜の花」見ごろ

宇宙旅したロマン、咲いた…「きぼう」の菜の花
Yomiuri online 2018年03月24日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180323-OYT1T50056.html

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で保管され、宇宙の旅から戻ってきた種から育てた菜の花が、岡山県倉敷市福田町古新田の倉敷科学センターで開花し、見頃を迎えている。
***
記事を読んでみましょう。

倉敷は比較的近い都市ですので
春休みに行ければいいですね。

分団長の個人的感想としては、
宇宙に興味関心を持ってもらうために
種子を宇宙に持っていき、持ち帰り
宇宙何とか(例:宇宙あさがお)として広報する意義は
全くない、とは言いません。
しかし
わざわざ宇宙線にさらして遺伝子変異を加速するかもしれない方法をとってまで
やるべきことではない、その段階はもうすぎている、と
思っています。


広島ブログランキング参加しています。一日ヒトポチ クリックしてね
  ↓
広島ブログ
★新型インフルエンザ情報は折口内科医院ブログで毎日更新中。
http://www.origuchi-naika.jp/blog/
posted by sesn-webmaster at 07:42| 各種教育プログラム